痩せるためには手段を選ばない!徹底減量ラボ

痩せるためには手段を選ばない!

それが当サイト「徹底減量ラボ」の理念です。ありとあらゆるダイエット手段を掲載していく予定です。

緑茶と言えば日本人にはお馴染みの飲み物ですね。

ちょっと一息つく時にも飲みますし、食事にもよく合います。そしてこの緑茶はうまく利用すればダイエット効果もあるのです。

緑茶にはカテキンと呼ばれている成分が含まれています。

このカテキンを使いダイエットする方法が男女問わずに人気があるのです。・カテキンダイエットが成立する理由 緑茶を使うダイエットと言うのは、緑茶に含まれているカテキンを使う方法です。

カテキンは、血糖値の上昇を緩やかにする効果があります。実は人間の体は血糖値が急激に上昇すると太ると言われています。血糖値と言うのは、血液中に入っているブドウ糖の値を言います。人間は食事をすると血糖値は上がります。そしてその上がった血糖値を正常値に回復させるために、脾臓からインスリンと呼ばれる成分が分泌されます。

インスリンの働きは血液の中のブドウ糖をエネルギーに変換します。そしてもう一つの働きには、余った分は脂肪として蓄積する作用を持ちます。ですから、血糖値が上昇しやすい食事をすると、このインスリンがたくさん分泌されて結果的に肥満に繋がります。したがって食事中に血糖値を急上昇させない事が太る事の予防に繋がるのです。

そこで役に立つのがカテキンです。カテキンは血糖値を緩やかにする効果が期待できますから、食前や食事中、食後のタイミングで摂取したらダイエット効果を得る事ができます。

ダイエットにおいては血糖値の急上昇を防ぐ事は大事な事ですが、緑茶に含まれるカテキンには他にもダイエット効果があります。それは、体脂肪を落として、糖や脂質の吸収を抑える事です。

とはいえ、緑茶ダイエットは本当に効果があるにしても、緑茶を飲んでいれば劇的に痩せるという魔法のような飲み物ではありません。ダイエットをサポートしてくれますが、運動もしっかりして、食事も見直し生活習慣も整えましょう。緑茶のダイエット効果に頼り過ぎないように気を付けましょう。

ビールもダイエットに良い飲み物

ダイエットの大敵というイメージが強いビールですが、意外なことにビール自体のカロリーは、そう高くはありません。

ビールの350mlあたりのカロリー量はメーカーにより多少の差はありますが、約140kcalほどです。100gに換算すると40gほどです。ご飯のカロリーが100gで約160kcalなので、ビールのカロリーがいかに低いかが良く分かります。

カロリーだけ見れば、ビールはダイエットにピッタリの飲み物になります。ですが、ビールはアルコールの度数が低いということを見逃してはいけません。アルコール度数が低ければ、ついつい飲みすぎてしまいやすいからです。

ビールを2杯3杯と飲み進めていくことで、トータルのカロリー摂取量が多くなる危険性が増してきます。さらに、ビールをたくさん飲めば、それだけ食事も多く食べることになるので注意が必要です。

ビールはカロリーが低いだけではなく、血糖値の上昇を抑える働きもあります。食事をすると血糖値が上昇しますが、その上がり方が急だと体に脂肪が蓄積されやすくなります。

つまり血糖値の上昇を穏やかにできれば、太りにくくなるということです。ビールを含めアルコールには、血糖値を下げるインスリンの分泌を促す作用があります。適度にビールを飲めば、いつもの食事を太りにくい食事に変えること期待できます。

さらに嬉しいことに、ビールには脂肪を燃焼させる効果もあります。ビールに含まれているビタミンB2が脂質の代謝を促すからです。ビールダイエットを効果的に進めるには、夕食前にビールを飲むのがおすすめです。

この時、ビールと同量の水を飲み、ビールは500ml以内に抑えることがポイントになってきます。何故なら、ビールには炭酸が含まれているので、夕食を食べる前に飲むことで無理なく食事の量を減らせるからです。

きちんとやり方さえ守ればビールでダイエットすることが可能です。ダイエットをしたいけど、なかなかアルコールを止められないという人は、ぜひチャレンジしてみましょう。

美甘麗茶(びかんれいちゃ)の口コミ!効果を実感できる秘密