ダイエットをするなら、筋トレをしてから有酸素運動をすると効果的

ダイエットをするなら、筋トレをしてから有酸素運動をすると効果的なんですよ。その理由について説明します。

無酸素運動は、血液や筋肉・肝臓にある糖質をエネルギーとして行う運動です。筋トレや短距離走など、短時間で強い力を使う強度の高い運動が無酸素運動になります。有酸素運動は、酸素を使ってエネルギーを作り出す、強度が低めの運動のことです。中~長時間続けると効果的と言われています。体脂肪というのは、何もしなくても少しずつ燃焼しています。

でも、体脂肪をたくさん燃やしたいなら有酸素運動をしなくてはいけません。筋トレはエネルギーに主に糖を使う無酸素運動なので、脂肪はあまり燃焼させてくれないんですよね。しかし、筋トレをしている時は脂肪が燃えなくても、筋トレのあとに有酸素運動をすると、有酸素運動だけをするよりもずっと早くエネルギーを体脂肪へと切り替えてくれるんです。無酸素運動は運動強度が高いため、たくさんのエネルギーを消費するというのもあります。さらに、筋トレなどの無酸素運動は、筋肉を増やす作用があるのです。

筋肉が増えると、それだけで基礎代謝が上がり、痩せやすい体へと変わるのです。普通、有酸素運動では、最初の20分は主に糖が消費され、その後エネルギー源が脂肪へと切り替わっていきます。20分ほど歩いていると、身体が温まり汗ばんできて、脂肪が燃えているのが自分でも分かりますよね。

しかし、最初に筋トレなどの無酸素運動を行うと、もっと早くエネルギー源が脂肪へと切り替わるのです。それに、無酸素運動を行うと、成長ホルモンやアドレナリンが出るため、脂肪が燃えやすくなるんですね。有酸素運動の前に無酸素運動を行うというのは、ダイエットにとってとても効果的なんですよ。

また、筋トレの前に有酸素運動をしてしまうと、無酸素運動に必要な糖が消費されてしまうため、力が出にくいし筋肉が分解されやすいのです。だから、筋トレを先にして、その後有酸素運動をするというのは、筋トレを効率的に行うためにも大事なのです。運動の前には、糖質を中心とした栄養分を補給しておきましょう。

直前に取るのなら、バナナなどの消化のよいものがいいです。ごはんなどやや消化の遅いものは1時間ほど前までに摂っておきましょう。栄養が足りない状態で筋トレや有酸素運動をすると、筋肉が分解されて却って太りやすい体になってしまいます。長期的な視点で健康的にキレイに痩せたいのなら、しっかりと糖質・たんぱく質・脂質をバランスよく取り、運動で痩せるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です